薬剤師国家試験の合格者の就業先

薬剤師国家試験の合格者の就業先

薬のプロである薬剤師の就職先としての調剤薬剤師、病院薬剤師、OTCドラッグストアのドラッグストア薬剤師など多様な就職先があります。

中でも、大型の調剤薬局薬剤師の求人が注目されています。

 

病院薬剤師などの仕事と比べ労働時間の長期化がなく休暇が取得しやすい調剤薬局に、長く就業できる就職先として薬剤師の人気が集中している様です。

 

各職場での薬剤師の働き方を説明すると、医師が適正な薬の投与量を決めるための血中濃度を測定したり他の医療スタッフとともに注射薬の管理などの病棟業務などが業務の大部分になっています。

 

また薬学部が6年制となったことで薬剤師国家試験合格者が毎年8千人から1万5千人になると予想されています。

 

つまり10年後には全薬剤師が7万人に増加していることになります。 新卒の薬剤師は希望就業先に就職出来ない可能性があり、都会ではなく過疎地の就業先に就職しなければならなくなることも考えられます。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、
卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

就職活動をはじめようとするあなたへ(注意点など)

就職活動って、どうやって始めるの? と思う学生の方いると思います。何から始めてもいいと思います。大切なのは、就職するという意識を高めること。

 

目に付いたもの求人や職種には、とにかく応募していきましょう。就職活動に対してのより明確なイメージを持つことができると思います。そうすれば、目標や計画も立てやすいですし、自然と次の行動に移すことができるのだと思います。

就職活動の雰囲気を味わうのには、まずリクナビやマイナビなどが主催する合同企業展へ参加するのが一番だと思います。ほとんどの企業展が予約不要ですし、面接などの正式な選考とも違うので、ある程度リクルートスタイルらしい格好をしていれば、企業側も気にはしないと思います。とりあえず就職活動ってどんな感じ? という雰囲気を味わうために行ってみるといいのではないでしょうか。 いろいろな企業のブースを訪問してみるのもいいだろうし、セミナーなどが行われていればそれに参加するのもいいですね。業界の特徴や傾向など広い視野で話を聞かせてくれて、勉強するチャンスだと思います。そんな風にして自分の就職に関する興味の引き出しを増やしていけばいいと思います。

 

6年制薬学部の導入と就職への影響

改正学校教育法および改正薬剤師法により、2006年から薬学部では6年制課程の設置がスタートしました。国家試験受験資格が6年制課程卒業或いは卒業見込となる時点に同期して、薬剤師職能教育は完全に6年制に移行してます。また、これと連動して6年制課程においては約半年の薬局病院実務実習が必修化とされ、卒業後の就職に向けより実践的なカリキュラムが組まれるようになりました。薬学部の標準修業年限が6年に延長されることとなった背景には、薬剤師の教育の場である薬学部を6年制にすることで先進国の中で遅れている薬剤師の教育を充実させ医療の質の向上をはかる、という旧厚生省(現・厚生労働省)の要望があったためだと考えられます。

 

しかし、旧帝国大学等一部の大学においては、博士前期課程の廃止や博士後期課程の修業年限の延長により大学院生が少なくなる、という反論がなされていたといわれ、現にこれらの大学においては4年制課程を残置する傾向にあります。現在の定員を各課程毎に法人別に併記すると、国公立大学の6年制課程が約700名、4年制課程が約1,500名、一方、私立大学では6年制課程が約10,000名、4年制課程が約500名となっています。