調剤薬局監修の面接において注意すべき所はなんでしょう?

就面接において注意すべき所はなんでしょう?

面接に当たって面接時間や場所はあらかじめチェックしておきましょう。個人的な理由の遅刻は絶対にしないようにしましょう。交通機関の遅れや病気等でどうしても間に合わない、もしくは面接に出席できない場合はわかった時点ですぐに電話を入れ、先方の指示を仰ぎましょう。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

身だしなみとしては基本的な黒系、紺系のビジネススーツが無難でしょう。男性の場合、カッターシャツは企業が特に色を指定していなくても、面接の時は白のシャツを着ていくのが無難です。面接室へ入る際は上2つのボタンはしましょう。女性の場合、化粧やアクセサリーは派手にならず、あまり目立たないものにしましょう。 部屋に入る際の注意点は面接室に入る際はノックをして「失礼します」、出る際もお礼と挨拶をしましょう。面接官は社会人としての最低限のビジネスマナーを大変重要に捉えています。 背筋を伸ばして、椅子に深く腰をかけましょう。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

足を組んだりする事は論外です。 相手の目を見てしっかり落ち着いて話しましょう。 質問の本質を的確に捉え、答え、自己紹介、退職理由、志望動機、やりたいこと等、質問されると予想されると内容はあらかじめ整理しておいてください。

 

最後に積極的に質問しましょう。面接官に「何か質問はありませんか」と聞かれたら、「特にありません」と答えていませんか?本当に質問が無ければかまいませんが、 少しでも知りたいことがあったら積極的に質問しましょう。せっかく直接情報収集ができるチャンスですから、その機会を活用しましょう。

 

薬剤師国家試験