調剤薬局監修の就職先から面接の誘いがあったときの電話応対について

就職先から面接の誘いがあったときの電話応対について

電話で応対する際のマナーを紹介したいと思います。 まず静かな環境下で電話をかけること。うるさくて先方の声が聞こえない場所から就職活動の電話をかけることはマナー違反。何度も聞き返されるようではその時点で不採用と言っても過言ではないでしょう。自分の耳には相手の話が聞こえていても、相手に自分の声が聞こえず大声で話さなければ通じないようではあうと全くもってダメでしょう。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

当然、自宅からかける電話でも、テレビやBGMは消すべき等の細心の注意に気を配ってほしい。次に時間帯を考慮してかけること。「自分の仕事の前に」という理由から、いわゆる営業時間外に電話をかけることも慎みたいところであります。一般に始業直後や終業直前の電話は嫌われてしまいます。特にランチタイムは求人担当者も外出している場合があるので、要注意です。また業界によっては電話応対できない時間帯もあるため、先方の状況を必ず考慮して電話をかけたい。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

たとえ、求人広告に記された連絡先が携帯電話の場合でも、営業時間内に電話をするのが礼儀です。また電話の際には挨拶をきちんとしてから本題に入ることです。

 

「お忙しいところを誠に恐れ入ります」という具合に、電話応対の基本的なマナーは踏まえた上で就職活動の電話がけをしてください。挨拶もなく、礼儀もわきまえず、いきなり質問を投げかけるようでは、そもそも面接までこぎつけることは不可能です。

 

調剤薬局