調剤薬局監修の就職の応募書類の書き方とその注意点について解説

就職の応募書類の書き方とその注意点について解説

履歴書・職務経歴書は応募する企業に必ず提出しなければなりません。この書類選考を経て、次の面接に進めるかどうかが決まります。限られたスペースの中に、あなた自身を効果的にアピールしましょう。履歴書は、あなたの「顔」です。採用担当者は、履歴書からあなた自身を判断しようとします。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

履歴書の文字や書き方、内容、そして写真などによって、あなた自身の人柄や熱意が判断されるのです。以下の項目に注意して、心を込めて、丁寧に、正確に、読みやすく、見た目に美しく仕上げたいものです。履歴書作成時の注意点としてはは下記のとおりです。

 

・市販の履歴書に、黒の万年筆かボールペンで書く。
・文字は大きめの楷書で、丁寧に書く。
・書き間違えた場合には、修正液で直したり棒線で修正したりせずに、新しい用紙に書き直す。
・誤字、脱字、記入漏れ、押印漏れ、写真の貼り忘れなど、安易なケアレスミスに注意する。
・資格や免許、志望動機、趣味、特技などを記入する空白の欄は、できるだけ埋めて、熱意や意欲を伝えること。もし記載することがない場合は、「特になし」と記入する。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

・以前書いた履歴書のコピーを用いてはいけない。その都度書くこと。
・事実と異なることを書いてはいけない。
・ 面接時には履歴書を見ながら質問されるので、提出する前にコピーを取り、面接前に記載事項を確認しておく。

 

薬剤師 就職