調剤薬局監修の新卒採用と中途採用では就職のときにどう評価が違うのか?

新卒採用と中途採用では就職のときにどう評価が違うのか?

新卒と中途の違いは簡単に言うと「経験」と「職種限定」です。 未経験応募可能なんて求人は最近めっきり減りましたが、人事であれば人事経験者、経理であれば経理経験者、営業であれば営業経験者が優遇されます。メーカーなどでは同様の商材取り扱い経験者などなど。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

あと、「職種限定」というのは言葉が不適切かもしれませんが、新卒の場合には「総合職」や「一般職」として採用され、入社後に配属が決まるケースが多いかと思われます。中途採用の場合には一般的に入社前に職種が分かるケースがほとんどです。

 

まとめると、新卒の場合には(想定される配属職種はあるにせよ)職種の魅力<企業の魅力で選ばれるケースが多く、企業は応募者を成長性で判断します。中途の場合には、(配属職種がほぼ限定されるため)職種の魅力+企業の魅力で選ばれるケースが多く、企業は応募者を経験で判断します。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

新卒と中途で入社後に差があるかないかはその会社の文化次第なので、千差万別です。ただ、たいてい企業は「差はない」と答えますが、参考になりません。先に社会人の先輩になっている

 

薬剤師 転職