調剤薬局監修の今後6年制薬学部の導入が就職へどう影響するのでしょうか?

今後6年制薬学部の導入が就職へどう影響するのでしょうか?

改正学校教育法および改正薬剤師法により、2006年から薬学部では6年制課程の設置がスタートしました。国家試験受験資格が6年制課程卒業或いは卒業見込となる時点に同期して、薬剤師職能教育は完全に6年制に移行してます。また、これと連動して6年制課程においては約半年の薬局病院実務実習が必修化とされ、卒業後の就職に向けより実践的なカリキュラムが組まれるようになりました。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

薬学部の標準修業年限が6年に延長されることとなった背景には、薬剤師の教育の場である薬学部を6年制にすることで先進国の中で遅れている薬剤師の教育を充実させ医療の質の向上をはかる、という旧厚生省(現・厚生労働省)の要望があったためだと考えられます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

しかし、旧帝国大学等一部の大学においては、博士前期課程の廃止や博士後期課程の修業年限の延長により大学院生が少なくなる、という反論がなされていたといわれ、現にこれらの大学においては4年制課程を残置する傾向にあります。現在の定員を各課程毎に法人別に併記すると、国公立大学の6年制課程が約700名、4年制課程が約1,500名、一方、私立大学では6年制課程が約10,000名、4年制課程が約500名となっています。

 

調剤薬局